• ホーム
  • Topics
  • FSC認証(FSC-CoC)更新のこと

Topicsお知らせ

FSC認証(FSC-CoC)更新のこと

FSC認証は環境、社会、経済の利益に適合し、しっかりと管理された森林から産出された製品を目に見える形で消費者に届け、それにより経済的な利益を生産者に還元する仕組みです。

FSC認証は森林から消費者まで、林産物やそれを含む製品を扱うすべての組織が対象となり、製品を市場に届けるための継続的な認証として2種類の認証があります。一つはFM(Forest Management森林管理)認証であり、もう一つはCoC(Chain of Custody加工・流通過程)認証です。

オビサン株式会社は紙製品の流通業者として、2007年2月15日にFSC認証を取得(認証番号SA-COC-001639)し、FSC®認証を受けた紙商品(FSC®認証紙)を取り扱っています。今年2月15日、5年毎3回目の更新を行いました(期限2027年2月14日まで)。

FSCの認証木材は、FSCの責任ある森林管理の規格を満たした認証林から生産されます。責任ある森林管理を認証するのがFM認証であり、その認証森林から産出された林産物(認証材)が消費者の手に届くまでの流通・加工の過程を認証するのがCoC認証です。

当社は流通業者としてのFSC認証(FSC-CoC)を取得して以来、循環型素材である森林認証紙の販売を行っています。この販売活動を継続し、森林認証紙の取扱数量比率を2025年までに50%に高める目標を定めています。

SDGsの取組 | オビサン株式会社 (obisan.co.jp)

オビサン株式会社

管理本部 TEL:023-633-3331 〒990-8668 山形県山形市流通センター1-9-2

Copyright c OBISAN Co.,Itd. All Rights Reserved.